• 【夏の疲れ・夏バテ予防のための食事法や食べ方】

    夏の暑さで食欲が落ちてしまい、体重が減ったり、体力が低下している方いらっしゃいませんか?夏は疲れやすく、だるさを感じる方も多いと思います。また、 夏のせいか、好む食事も偏りがちで、冷たいもの、あっさりした食事が中心になってしまいます。 今回は、夏の疲れに効果を期待できる「酢」に関する雑学をお届けします。

    1.夏の疲れと食事&食材

    夏の疲れ、夏バテの原因は様々ですが、それを引き起こす要因の1つはエネルギー不足です。食事はちゃんと摂っているから大丈夫と思ってらっしゃるかもしれ ませんが、エネルギーを作るために必要なのがビタミンB群で、その中でもビタミンB1が不足すると、エネルギーを体内で作りにくくなります。エネルギーに ならなかった分は体脂肪となって蓄積されます。偏った食事は、体脂肪を増やすだけになってしまいます。ここでは、疲労回復におススメの食材をご紹介しま す。

    ①豚肉…肉類の中でもビタミンB1を豊富に含んでいるためです。もちろん、豚肉以外にもうなぎやカツオ、サケ、鯛などにもビタミンB1が多く含まれていますので、カルパッチョにしたりして食べると効果抜群です。

    ➁ タマネギ…タマネギに含まれているアリシンという成分がビタミンB1と結合するとアリチアミンという成分になります。アリチアミンは、疲労回復に加え、糖 質をエネルギーへと変換、代謝効率をアップさせる効果があります。身体中の細胞に十分な栄養を行き渡らせることができ、疲労物質の排出を促し、疲労回復効 果抜群です。

    2.おススメの朝食のとりかた!

    蒸し暑くて汗だくになっていても、暑いのは身体の表面だけで、胃腸などの体温は低くなっています。起床すると交感神経が優位になり、これから活動するとい うモードに切り替わります。朝からシャキッと元気になるためには、内臓の動きをサポートするために朝食は欠かせません。でも、朝からしっかりとした朝食を 食べるのは大変…そもそも食欲が無い…そこでおすすめの朝食の取り方を2つ紹介します。

    ①ヨーグルトと果 物を食べること!ヨーグルトにはタンパク質(身体のあらゆる組織を作る成分)とカルシウム(身体の生理機能を調整し安定させる)が豊富に含まれていて、果 物からは糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取することができます。果物を食べるのが面倒ということであれば、フルーツヨーグルトでもいいで す。

    ➁スムージーがおすすめ!好きな野菜や果物を滑らかになるまで混ぜた飲み物で、生で食べることがで き、アクが少ない小松菜、キャベツ、レタス、セロリ、トマトや果物のスイカやバナナなどの旬の夏野菜や果物を具材に使うといいです。身体への栄養の吸収率 が良く、エネルギーに早く転換されます。寝ている間に汗をかいているので、朝起きたときは軽い脱水症状になっていますので、スムージーで水分とエネルギー 補給をするのは理想的な朝食の摂り方です。

    3. 食欲が無いときの秘密兵器は「酢」!

    暑いと食欲が落ちてしまいますが、そんなときに使いたい調味料が「酢」。

    米酢・黒酢・バルサミコ酢・白ワインビネガー・リンゴ酢など、何でもいいので料理に合わせて酢を追加します。酢を加えることで、酸味をプラスして、食欲が 湧かないときでも美味しく食べることができます。また、酢には食欲増進作用があります。主成分の酢酸は、胃酸の分泌を促し消化吸収を助けてくれます。運動 後、疲れが取れないという人にもおすすめです。お酢は糖質と一緒に食べると、肝臓と筋肉のエネルギー源となるグリコーゲンの蓄積を促し、カルシウムの吸収 効率を上げるため、骨を丈夫にしてくれ、さらに疲労回復効果にも優れています。

    4.お酢の効果はメタボにも… 

    25歳から60歳の男女に毎日お酢を摂取する実験を行ったところ、効果がみられたそうです。

    実験によると毎日お酢を多さじ1杯分(15ml)摂取 ➡ 12週間でウエストが -1.43cm減少する結果が得られています。

    夏の疲れ防止のために、お酢を取り入れることはメタボリックシンドローム改善にも期待が持てそうです。

    5.お酢とカルシウム 

    カルシウムは骨や歯を形成するだけでなく、筋肉や神経の働きを正常に保つ役割も持っています。暑い夏は発汗によってカルシウムは失われてしまいがちです。 お酢はカルシウムの摂取を助ける働きを持っています。お酢には水に溶けにくいカルシウムを水溶性にする働きを持っています。暑い夏の食事には、夏の疲れ防 止以外にも、いろいろとうれしい効果があるお酢を接触的に取り入れるようにしましょう。

    6.まとめ 

    夏の暑さに負けてしまう原因は様々ですが、食生活を改善することで体調をコントロールすることができます。偏りがちになる食事内容を見直したり、食べ方を 工夫したり、簡単にできる方法から試してみてください。夏バテや夏風邪など体調不良になると長引きやすい傾向にありますので、早く体調を回復させるために も食べ物や食べ方を少し変えてみましょう。

    関連記事

    【美容と健康とコラーゲン】

    1.コラーゲンとは コラーゲンはタンパク質のひとつ 主にセキツイ動物の皮膚や筋肉 ...

    ナットウキナーゼの働きとお勧めの摂り方

    私たち日本人にとって馴染み深い食材である納豆。普段何となく食べていると思いますが ...

    ”難消化性デキストリン” で食物繊維不足を解消!~前編~   

    「最近すっきりしないな…」と感じていたら、食物繊維不足が原因かもしれません。 今 ...

    ”難消化性デキストリン” で食物繊維不足を解消!~後編~

    難消化性デキストリンが注目されている理由 不足している食物繊維を補うには、葉物野 ...

    糖ケアや生活習慣対策に"桑の葉"がお勧め

    今は和食だけでなく色々な国の食べ物や料理を食べられる時代になりました。また、家庭 ...